進化した電子黒板
新しい電子黒板が入ったので、今は全ての学級と音楽室・理科室に電子黒板があります。
実は新しく入った三台の電子黒板は、大きいだけではなく、その機能も素晴らしいのです。
今日、3年生の算数の授業を見ながら、その使い勝手の良さに脱帽しました。
3年生が学習しているのは、正三角形について。
三角形の中から、正三角形を選びます。

下の写真を見てください。正三角形に赤丸がついています。これは、テレビの画面を先生が指でなぞり〇をつけたもの。
今までの電子黒板は、もうひと手間かかっていたのですが、この電子黒板は直接指で書けるのです。説明をとめないでスムーズに説明できるので、子どもたちの理解が深まります。

画面にコンパスをあてて、正三角形を確認していきます。


次は三角形の書き方です。次の問題を画面に表示るのもあっという間。
下の2枚の写真を比べてみてください。
3cmの底辺の両側から、それぞれ「4cmの辺」が出ています。
この「辺」が、自由自在に指で動くのです!見ていて思わず「オー」と声を出してしまいました。
コンパスを使って三角形を書くことの意味を、視覚的に子どもたちに理解させることができます。


そして、コンパスを使っての三角形の書き方も、すぐにビデオで確認できるのです。

明日からはいよいよ、コンパスと定規で三角形を書いていくようです。
以前、コンパスを使った3年生の授業を見ました。→こちら
3年生にとってはとても難しいコンパスの授業。
あの時、道具の大切さを実感しました。
どんなコンパスでもよいのではなく、やはり使いやすいコンパスで学習することが大切です。
ご家庭でも、ぜひ一度コンパスをつかわせてみてください。
使いにくい道具が、子どもさんの学びを妨げているかもしれません。




日々の様子 | 10:34:08